Amazonで見る

幻想地名事典

Truth In Fantasy 事典シリーズ9
DICTIONARY OF FANTASTIC PLACES
楽園から冥界、古都から宇宙、「ガリバー旅行記」「西遊記」などの著名な創作物に登場する地名まで、神話・伝承・歴史・物語に登場する名の知れた地名を1000以上解説。

項目一覧

 新紀元社発行、幻想地名事典に関する、追加・訂正のページです。
 事典と、このページに関するご意見、ご要望は、■山北篤まで、メールください。今後の企画の参考にさせていただきます。

Xanadu

ザナドゥ

上都

 本来は、モンゴル帝国フビライ・カーンが作った夏の都。マルコ・ポーロの『東方見聞録』によって、西洋人にその名が知られるようになった。
 18世紀イギリスの詩人コールリッジがその詩『クーブラ・カーン』においてカーンが6月から8月まで滞在する快楽の都として描写した(この詩では、"Xanada"と綴られている)。
 それ以後、ヨーロッパでは、ザナドゥという都市は、幻想的桃源郷として知られるようになった。
 現在でも、幻想的都市として、その他幻想的な何かの名前として、使われる。