(C)hosoe hiromi
■このごろ堂へ >   両棲人間HOME

アレクサンドル・ベリャーエフ 作
「両棲人間」

Александр Беляев
Человек-Амфибия

英語版

THE AMPHIBIAN

Raduga Publishers Moscow版

その1

翻訳 L.Kolesiukov
発行 1959年 Raduga Publishers Moscow
ISBN: 5050006597
ハードカバー

ほとんど完訳に近い、ソ連製の英語版
びみょーな部分でスポッと1行2行飛ばしている。
特に後半のややこしい裁判のシーンに多い。
1986年第二刷とある。
挿絵はない。

その2

発行 1997年 2月 Raduga Publishers Moscow
上記のロシア版。奥付以外変更なし。
isbnコードも変ってない、まるで同じもの。

2003年6月、日本のamazonで、1997年発行のソフトカバーとあるので注文。しかし9月になっても届かず、問い合わせたら返す刀でキャンセル扱いになり、その直後在庫1ってなってるから注文したら、来たのがハードカバーの1986年製……。
 ただ、どちらの本も1986年二刷とあるが、奥付が微妙に違う。(電話番号があったりなかったり。)
 なんで? 読解力不足?
 amazonの、1997年ってどこから出てきたんだろう?
Amazon
2004年8月現在、在庫もユーズドも無し。

THE AMPHIBIAN

Fredonia Books版

発行 2001年 6月 Fredonia Books
ISBN: 1589633377
ペーパーバッグ 288p

アメリカでのDVD発売に合わせて発行したらしき、ペーパーバッグ。
ペーパーバッグ、というにはちょっと大きくて厚い。
2002年10月、日本のamazonで入手。
2004年8月現在も、購入可能。
Amazon
内容的には、上記と一緒。
挿絵は各部ごとにカットが1枚づつ。(サルバトール博士、イフチアンドル、バルタザールと思われる。)

THE AMPHIBIAN

Raduga Publishers Moscow版

ソ連製 英語版
翻訳 L.Kolesiukov
ハードカバー 文庫サイズ
紙カバーつき
発行年記載なし

 Fredonia Books版が、オリジナルとしたらしきもの。
 これを読み込んで、フォントのみ変えたらしい。改行〜製本用の記号らしきものまで、まったく同じである。
 フォントサイズ、文字間、行間もFredonia Books版と同じだが、Fredonia Books版の方が本のサイズが大きいため、やたらマージンが広くなっている。
 イラストは同じだが、カバー、表紙、見返し、内タイトルページなど、こちらのほうがわずかに多い。
 Fredonia Books版の表紙は、こちらの内タイトルページより。ただしこちらは2ページ見開きで、左側にタコがいる。
 Fredonia Booksの裏表紙に書かれている文は、カバー折り返しにある。

講談社版へ