(C)hosoe hiromi
■このごろ堂へ >   両棲人間HOME

アレクサンドル・ベリャーエフ 作
「両棲人間」

Александр Беляев
Человек-Амфибия

訳の違い

ネタバレ注意

冒頭

オリジナル
Наступила душная январская ночь аргентинского лета. Черное небо покрылось звездами. ≪Медуза≫ спокойно стояла на якоре. Тишина ночи не нарушалась ни всплеском волны, ни скрипом снастей. Казалось, океан спал глубоким сном.
(機械的な翻訳)
アルゼンチンの夏の1 月stuffy(風通しの悪い; 鼻がつまった; 退屈な; もったいぶった; 心の狭い; 怒った) 夜は来た。 黒い空は星で覆われた。 "クラゲ" はアンカーに静かに立った。 夜の沈黙は波の破壊されたしぶきタックルのきしむ音だった。 それは海洋が深い睡眠によって落ちたことをようである。
英語版
The close night of the Argentine midsummer came down on the sea. Stars pricked out in a sky that was a deep violet. The schooner Jenyfish lay quietly at anchor, with not a splash round her, not a creak on board. Ship and ocean seemed in deep slumber.
(機械的な翻訳)
アルゼンチン人 (Argentine) の近い晩真夏が海に落ちて来た。 深いすみれであった空で外に刺されて主役を演じる。 ‖ Jenyfish が静かに横たわったスクーナーは、彼女の周りにはね返しではなくで、錨を下ろす‖一(人・つ)のも‖機内にきしむ‖。 船と海が深い安眠でに思われた。
講談社版
青い鳥文庫版
 一月といっても、アルゼンチンでは夏である。むし暑い晩のことだった。空には星がいちめんにまたたき、メジューサ号は、しずかにいかりをおろしていた。あたりはしいんとして、波の音も聞こえない。海は深いねむりにおちていた。
偕成社版
 一月といっても、ここ南アメリカのアルゼンチンは、夏の暑いさかりだった。そんな日のある晩のことである。
たのしい六年生4月号ふろく版
 一月といっても、アルゼンチンでは夏だ。むし暑いばんのことだった。
あかね書房版
 むし暑いアルゼンチンの夏の夜がやってきた。黒い空には、いちめんに星がかがやいていた。メドゥサ号はいかりをおろして、波の上にただよっていた。海はしずかで、波の音いがいにはなにも聞こえなかった。

オルセンがイフチアンドルと会わないよう、グッチエーレを説得するセリフ

オリジナル
- Ихтиандр больше не может дышать воздухом. Что же будет, если он снова увидит тебя? Для него это будет очень тяжело, да, может быть, и для тебя. Ихтиандр захочет видеться с тобой, а жизнь на воздухе погубит его окончательно.

(機械的な翻訳)
- Ikhtiandr は空気によってもはや呼吸できない。 但し彼がまた会えば、何があるか。 それのためにこれは多分そしてあなたのため非常に重く、はいである。 Ikhtiandr はあなたと見られたいと思い空気の生命はそれを最終的に台無しにする
英語版
"He can't breathe air any longer. Think what will happen if he sees you. He'll want to see a great deal more of you,but life on land can only kill him."
(機械的な翻訳)
”彼は空気をより長く呼吸できない。 彼が会ったら起こるものが考えなさい。 彼はあなたの多くにずいぶん会いたいと思う土地の生命は彼しか殺さないことができる。”
講談社版
青い鳥文庫版
「アンドレくん、いま、とても体が弱ってるんだ。だから、もしきみに会って、ひどくこうふんしたりすると、いけないからね。これは、博士からも注意されているんだよ」
偕成社版
「アンドレ君はいま、とてもからだが弱っているんだ。だから、もしきみに会って、ひどくこうふんしたりするといけないんだよ。サリバトール博士から、そういわれてるんだ。
 これは博士からの命令だからね。やっぱり、アンドレ君をそっとしてあげたほうがいいとぼくも思うんだよ」
たのしい六年生4月号ふろく版
(該当章なし)
あかね書房版
「イフチアンドルは、もう空気を呼吸することができないんだ。だから、もしも、きみがイフチアンドルに会ったら、どうなると思う? イフチアンドルにとっても、それから、きみにとっても、ますますつらくなるばかりだろうさ。イフチアンドルはきみに会いたがるにきまっている。ところがそのために、水から出て、陸の上にいつづけたら、イフチアンドルは死んでしまう。」

ラストシーン

オリジナル
Только когда на море поднимается буря, старый индеец приходит в необычайное беспокойство.
Он спешит на берег моря и, рискуя быть смытым водой, становится на прибрежные камни и кричит, кричит день и ночь, пока не утихнет буря:
- Ихтиандр! Ихтиандр! Сын мой!.. Но море хранит свою тайну.
(機械的な翻訳)
海嵐はで、古いインド人入って来る異常な不安に上がる時だけ。
嵐が終わるまで、それは海の海岸に急ぎ、水によって腐食するそれ叫ぶ沿岸石にであるために危険にさらしてなる、日夜叫ぶ:
- Ikhtiandr! Ikhtiandr! 息子は私である!.. しかし海は秘密を貯える。
英語版
But when a storm starts st sea a strange aqitation seizes the old Indian and drives him out of town to the very water's edqe where,risking being washed away ,he calls,"Ichthyander! Ichthyander!" as long as the storm lasts.
But he gets no answer.
(機械的な翻訳)
しかし嵐が奇妙なaqitationがとらえるst海を始める場合、その、古い、インド、またまさに水のedqeに町を離れて彼を駆り立てる、どこで、危険を冒して押し流されてみて、彼は呼びます、「Ichthyander!Ichthyander!」嵐が続く限り。
しかし、彼は答えを得ません。
講談社版
青い鳥文庫版
 しかし、海があれてくると、老人は、じっとしていられなくなり、海岸へいそぐのだった。そして、波うちぎわの岩の上に立つと、しぶきにぬれるのもかまわず、嵐がしずまるまで、夜となく昼となく、声をかぎりに、さけびつづけるのであった。
「アンドレー! アンドレー!」
青い鳥文庫版
 しかし、海があれてくると、老人は、じっとしていられなくなり、海岸へいそぐのだった。そして、波うちぎわの岩の上に立つと、しぶきにぬれるのもかまわず、嵐がしずまるまで、夜となく昼となく、声をかぎりに、さけびつづけるのであった。
「アンドレー! アンドレー!」
たのしい六年生4月号ふろく版
(該当章なし)
あかね書房版
 ただ、海があれはじめると、この年寄りはじっとしていられなくなる。
 あわてて海岸へ走っていって、岩の上に身をのり出し、波にさらわれそうになるのもかまわずにさけびつづける。あらしがおさまるまで、昼も、夜も、かまわずにさけびつづけるのである。
「イフチアンドル! イフチアンドル! おれの息子のイフチアンドル!・・・・・・」
 だが、海は秘密をかくしつづけている。
考察