(C)hosoe hiromi
■このごろ堂へ >   両棲人間HOME

アレクサンドル・ベリャーエフ 作
「両棲人間」

Александр Беляев
Человек-Амфибия

第十番惑星
セルゲイ・ベリャーエフ

2004.2
 これについてときどき質問を受けますので、知っていることを書いておきます。ただ、私は両棲人間についてはいろいろ本気で調べてますが、ベリャーエフ自身についてはそう詳しい方ではありません。

 まずベリャーエフにはA(アレクサンドル・ロマノビッチ)ベリャーエフと、S(セルゲイ・ミハイルビッチ)ベリャーエフがいます。
 いずれもロシアの同時代のSF作家です。
 ドウエル教授や両棲人間を書いたのが、Aベリャーエフです。
 しかもARベリャーエフは多作で、しかも(Aロムなど)複数のペンネームを使い分けていました。

 というわけで、もともと混同されやすい下地があり、国会図書館のリストでは、よくSベリャーエフがAベリャーエフ扱いされています。
 そして中でも、「第十番惑星」ですが、絶版の講談社「少年少女世界科学名作全集10 第十番惑星」(1961年 袋一平 訳)では、収録されている「宇宙の神秘」と共に、「S.ベリャーエフ」の作となっているようです。
 逆にやはり絶版の角川文庫「第十番惑星」(1976年 袋一平 訳)では、収録されている「宇宙の神秘」と共に、「A.ベリャーエフ」となっているようです。

 で、第十番惑星ですが、こちらはSベリャーエフの作のようです。
 参考、こちらの文末
 これを見るかぎり、セルゲイ・ミハイルビッチ・ベリャーエフ(1883−1953)の1945年の作品となっています。
 ちなみにアレクサンドル・ロマノビッチ・ベリャーエフは1884−1942です。

 一方「宇宙の神秘」は、Aベリャーエフのワグナー教授シリーズの一作、Над бездной ではないかと思われます。

HOME