(C)hosoe hiromi
■このごろ堂へ >   両棲人間HOME

アレクサンドル・ベリャーエフ 作
「両棲人間」

Александр Беляев
Человек-Амфибия

発掘禄9 その他

 ときどきインターネットで、いろいろ検索してみています。
 ほとんどひっかかるのは、両棲人間にDVDですが、ウェブページは年々増えていますから新情報もときたま入ります。
 まあ、前からあったのに気づかなかった、というパターンも多々あるとは思います。
 まだちゃんと読んでない部分も多々ありますので、とりあえずという感じですが。

2004.8
ベリャーエフの紹介ページ
 いろいろと紹介されています。
 一番上の画像の一番右はイフチアンドル、一番左がベリャーエフ。
 いわく父親が司祭だったことが、彼に大きな影響を与え神学校に入ったが、脊柱をいためたのが原因で大学の司法学部に入り、法律代理人として働いた。
 1915年、父親は療養のために息子をクリミアに送り、6年ほどギプスのお世話になった。その間に沢山読んだ学術雑誌が、後日の作家活動の下地となった。
 1925年「世界開拓者」に「ドウエル教授の首」を発表したとき、ロシアにはまだ国産SFがなかったので、その祖と言われるようになった。
 第二次世界大戦前に最後の大きな仕事として「Ariel」を発表した。
 とにかく面白いから読めと(意訳)

2004.8
ベリャーエフの紹介ページ
 いろいろ紹介されてます。
 画像は上からドウエル教授(アップはケルンか?)、イフチアンドル、イフチアンドルでしょうか。
 興味深い記述としては、ドウエル教授にはドイツの、両棲人間にはフランスの小説が、ネタ本としてあった、とあります。
 syna さんが教えてくださった、 L'Homme Qui Peut Vivre dans l'Eau (The Man Who Could Live Underwater)上から三つ目の画像と同じものかな?
 synaさんからの情報。

2004.8
 うわー! 先日見つけた、ベリャーエフの娘さんの苦労話のURLがどっかへ行ってしまったぁ!
 著作権がある間はあんまり本が出なくて生活が苦しかったとか、ベリャーエフ死の真相とか、面白い話があったのに!

 と、またまたsynaさんに助けられました。
 娘さんの苦労話など。

2007.7

『「イフチャンドルを呼び出す、イフチャンドル遊びをする」というのもある。イフチャンドルはA.ベリャーエフの空想科学小説「両棲人間」に出てくる水中に棲む主人公で、便器の水に向かって、おーいっ、おえーっ、食いもん持って来たぞーっ、とこの主人公を呼び出すことから、トイレで吐くという意味で用いる。やつはトイレでもう1時間もイフチャンドルを呼び出そうとやっきになっているよ、とふざけてみせる。』

「ほろ酔い加減のロシア ウォッカ名(迷)言集」より

いやーッ! そこたぶん食い物じゃないから、小説の方にだけあるバルタザールのシーンだから!

って、そんなピンポイントな突っ込みいれてどうする自分。ロシアの酒飲みだって、そんなこと気にしてやしないよきっと。 <> HOME