このごろ堂グッピーを飼う> 日記

コッピー、グッピー、コリドラス。
グッピーを飼う

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

画像クリックで翌月。

2006/07/02/Sun    グッピーを思い切って減らす

 ここのところ水は毎日バケツ一杯かえている。が、ハリ病の稚魚やら、尾ぐされのなりかけやらが、改善もされないし、増えていく一方だ。
 エビは一応落ち着いたらしい。間もなく三回目の卵を抱えたエビが一匹、うろうろしている。
 酸性に傾いた水質は、濾過層に入れた骨サンゴによってか弱酸性に回復し、その影響かカボンバにも回復の兆しが見える。といってもカボンバ小さくなりすぎて、ここから回復するのかどうかが怪しいけれど。小さくなりすぎたり、溶けきったカボンバを、掃除する。
 とにかく原因をどうにかしないと、暑い夏を乗り切れないのではないか? ということで、メス親2匹をふくむグッピーを、庭に移す。
 というわけで庭のトロ箱も過密状態が続いているが、こっちのほうが涼しいかもしれない。

 

2006/07/04/Tue    グッピー死亡

 昨夜&今日、一匹づつ死亡。こんなことは始めて。
 グッピーが、まだらに白くなる症状が出ている。
 水カビ、白点、松かさとは違うように見える。
 尾ぐされが体表に出た? どいつもこいつも?
 塩浴中の尾ぐされっぽいやつは、安定している。

 

2006/07/06/Thu    グッピー↓エビ↑

グッピーはどんどこ調子が悪くなり、隔離プラケを三つぶらさげることに。
次々落ち始めている。
あー、写真撮るきもしない。
ひさびさにエビらが姿を現す日だったらしくて、21匹までカウントできた。だいぶん落ちたわりには、最初より増えているわけで、しかも全部紅白ビーシュリンプ。
先日からヒーターのスイッチ切ってたら、水温さがりすぎてたりもしたしで、あわててスイッチを入れる。ここんとこ気温も水温も安定しないので、びくびくもの。

 

2006/07/08/Sat    大崩壊とその終わり

 病気になったグッピーたち、庭(のトロ箱)に放り出しました。
 残るはグッピー10 アカヒレ5 ネオン10 コリ3 エビ20。
 ・・・まだ多すぎだよな。稚魚数に入れてないし。
 原因は、グッピーとエビの増えすぎによる、水質悪化。
 だってさー、正直なはなし、もっと死ぬと思ってたんだもん。
 エビだって、増えるとは思ってなかったんだもん。
 グッピーとエビ以外、変動ナシなんだもん。
 ほっといたらまもなく、またオーバー。
 まー、エビは夏こせるかどうかわからないけど。

 グッピーね、難しい魚じゃないです。
 増えすぎた分どうするか? ってとこさえ、なんとかできれば。

 自然にある程度の数が保たれるっていう状況を作り出せるまで、まだ当分かかりそうです。食仔ほとんどなしだからかなあ。コリドラスがアカヒレの卵たべちゃってるらしいぐらい?

 

2006/07/10/Mon    アナカリスの花

気がついたら、咲いてました。

なんか、グッピーの弔い花みたいだね・・・。

 

2006/07/12/Wed    ビーシュリンプ増えてる

グッピーが減って、とたんに大きな顔をしだした、ビーシュリンプたち。

うはー、いつのまにやら26匹もいるよ。
しかもさらに稚エビが生まれた模様。
後ろに写ってる鉢底シートが、偶然にも稚エビの隠れ家として活躍しているらしい。



で、グッピーの稚魚がここ2〜3日で消えてしまった。
エサを減らしたから、親が仔喰いをはじめたのか?

一匹だけ治療中。

とりあえず今それよりも気になるのが、夏の水温上昇。
夜でも27度を下回らなくなってきた。
一番暑い時間の前に、冷た目の水でちょっと水換えをしてしのいでます。

 

2006/07/16/Sun    オスを隔離する

また増えすぎて崩壊すると困るので、メスグッピーを隔離しようと思ったけど、考えてみればオスのほうが少ないので、オスグッピーを隔離した。

あとはビーシュリンプをどうするかだよなあ。

 

2006/07/22/Sat    モスがコケたので・・・

 アカヒレ水槽のモスが、二〜三日でおもいっきりコケてしまいました。
 ので、おもむろにグッピー水槽へ。

 おおおお。ビーシュリンプが集まる集まる。食べる食べる。
 で、きれいなモスに戻りましたとさ。

 ・・・アカヒレ水槽は水をかえて、アナカリス放り込んで、ついでにビーシュリンプ2匹(しかすくえなかった)も入れてみる。すぐ姿消えちゃったけど、どうなったのかわからないのはいつも通り。
 無加温だから、冬は越せないけど。

 

先月へ
翌月へ
Homeへ