このごろ堂グッピーを飼う

グッピーを飼う

熱帯魚の病気 予防と治療

予防

普段からの定期的な水換えで、病気を予防。
病気の原因となるばい菌は、魚がいるかぎり必ず存在する。水がばっちくなったり、小さな怪我をしたり、あるいはその両方が重なって、発病する。
水道水は、カルキ(塩素)さえぬけば、殺菌されているし、ほぼ中性で硬度も低い(いろいろ混じってない)から、魚にとってちょうどいい水だ。
だからといって水換えのしすぎ、とくに一度に大量の水換えは、水温や水質が大きく変化して、元気な魚でも弱らせてしまう。また自然(水槽の目に見えないバクテリアを含む全ての生き物)がもっている水質のバランスを取る力が失われてしまう。
水が悪くなっているかどうかは、ペットショップで売っている水質検査キットを使うとわかりやすい。けれど、それで全部わかるわけではないので、次のようなときは水換えをする。
・水が濁っている。
・ブクブクの泡が大きく膨らんでなかなか消えなかったり、水面のふちに小さな泡がたまっている。

病気がでたら、まず他の魚にうつさないために病気の魚を隔離し、水槽の水もおもいきって2/3から1/2を水換えして、水柱のばい菌や汚れを薄める。
うちの場合、この水換えによる水質の急変が心配だったので、朝昼晩と三度にわけて、水換えをした。
薬品を使うとき
1 用法、容量を、かならず守る。
2 病魚を隔離して薬浴させる。
3 何匹も一度に病気になったり、うつりやすい病気なら、水槽に薬を入れる。

は、当然だろう。
は、薬(塩)は他の元気な魚だけでなく、水草や、水のバランスをたもっているバクテリアに、害があるからだ。
は、全滅の危機を前にしては、水草やバクテリアの被害のほうがまし、ということだろう。そして治療後は、水槽を立ち上げたときのようなケアが必要だ。

水質があってなくて、魚の元気がないこともある。
水質調整材、サンゴ石、マジックリーフ(そういう名前の植物の枯れ葉)、貝殻を使ってうこともあるそうだが、かたよりを正そうとして、逆にかたよりすぎになってしまうことも多いので、かたよりの原因をつきとめたほうがいいそうだ。
かたよりの原因は、濾過力不足、底砂の種類、生き物が多すぎのほか、上にあげたもろもろのものだったりするそうだ。

治療

尾や口、えらが、白く濁ってくる 出血する 溶ける ⇒ 尾ぐされ病 ××ぐされ病 腐れ病

小さな傷口などにばい菌がついてふえていく。
大人のオスグッピーがヒラヒラしたヒレに傷をつくって、そこから尾ぐされになることが多い。
治るまで1%の塩水に隔離する。グッピーは塩水に強いが、このばい菌は塩水に弱い。塩は海水から作った何も添加されていない荒塩を使うとよい。
一時的に2%の塩水浴をさせる方法もあるらしい。
うちの尾ぐされ病と、その経過
あるいは薬を使う。
メチレンブルー水溶液、グリーンFゴールドリキッドなど。

尾が針のように細くなる ⇒ ハリ病

水が悪くて体調を崩している。
稚魚に多く、ほっておくと死んでしまう。
水質の改善が重要で、それだけで治ることもある。
あとは尾ぐされ病と同じ治療法でよいらしい。
あるいは薬を使う。
メチレンブルー水溶液など。

白いワタのようなものがつく ⇒ 水カビ病 白綿病

小さな傷口などにカビ菌がつく。
ワタをティッシュや綿棒でふきとり、薬を塗るか薬浴させる。
メチレンブルー水溶液など。

体を何かにこすりつける。体に白い点ができる ⇒ 白点病

白点病 白点虫という寄生虫がついている。
唐辛子を、水槽に入れる。
水草やバクテリアへの影響は気にしなくてよいので、手軽な方法。60センチ規格水槽で唐辛子一本。漬物用に売られているものを縦二つに割り種を取って、水槽に放り込んでおけばいいらしい。
科学的根拠のない民間療法と言う人もいるが、これで治ったという人も多い。
あるいは薬を使い、水温を30度ぐらいまで上げる。
メチレンブルー水溶液など。

米粒ぐらいの白い点ができる ⇒ つりがね虫症

つりがね虫症 エピスチリスという寄生虫がついている。
薬を使う。

テトラのヒレのつけ根が、白くなって死んでいく ⇒ ネオン病

蛇のようにクネクネ泳ぎ、死んでいく ⇒ グッピーエイズ

ネオン病は、カラシン系の魚全般の、原因不明、進行と伝染性の強い、治療法の確立していない病気。グッピーエイズは、おなじくグッピーの原因不明、伝染性の強い、治療法の確立していない病気。
水槽に塩や薬を入れる。
全滅したら水草や濾過材は捨て、あとは完全に消毒してから使うこと。