このごろ堂グッピーを飼う

グッピーを飼う

夏の暑さと留守対策

・暑さ
 普段日中人のいない部屋なので、水槽の上部を開放し、窓を開けて、扇風機(人間用の大きいやつ)で上部に風を当て、一番水温が上がる時期にエアチューブでゆっくりバケツいっぱい水換え、ということをしてしのいでいた。
 今年は雨や曇りの日が多くて湿度は高かったが気温もバカ高くならなかったので、これでなんとか30度を越えずにすんだ。
 いや時々越えてたけど。
 専用の水槽用クーラーとかファンとかあるけど、そこまでする根性なし。
 グッピーは、メスたちは元気だけど一匹残ったオスが元気なくて、秋が来ても稚魚は産まれない。いや当面増えてくれなくていいけど。
 きっちり暑くなる夏になったら、これじゃダメかもしれない。
 一応冷凍庫に準備しておいた凍らせたペットボトルは出番なし。
 ちなみにこの部屋、寝るとき=夜間だけクーラーをつけるので、温度変化を抑えるために、ヒーターは入れっぱなしにしてある。たぶん全然動く機会はなかったけど。

・留守
 留守中一番怖いのは高温。しかしさすがに窓は開けられない。
 そこでクーラーを28度で運転、扇風機と併用。ヒーターもオン。
 いやグッピーはそこまでしなくてもへっちゃらだと思うんだけど、なぜかグッピーは増えなくなり、ビーシュリンプばっかり大きな顔をしてるんで・・・。そもそも26度ってのがビーには高すぎらしいし。
 あと雨戸を閉めたのは暑さ対策もあるけど、部屋を暗くして魚の活動を抑えるため。これにどれだけ効果があるのかどうかはわからりませんが。

・結果
 おおむね無事。自分的にはオッケー。自分的にはね。
 受けたダメージはこんな程度。  でもその後9月半ば過ぎてもグッピー稚魚産まれない。かまわないけど。
 前からいたのも姿を消したかも。2匹ぐらいいるけど、その後も発育が悪い。
 ビーシュリンプ増えたようにも見えないが、減ったようにも見えない。
 その後9月半ば過ぎても抱卵しない。かまわないけど。
 その他の魚、無事。9月にコリが1匹落ちたのは関係あるかどうかわからない。
 ただ水草が、かなりダメージ受けた。光はないわ、喰われるわだから当然か。
 まずニューパールグラスが全滅。茎だけになった。
 ウィローモスも密度が希薄になった。
 アナカリスの葉も溶けるは喰われるわ。
 ちなみにグリーンネオンが草食性が強くて、ビーシュリンプはモスの新芽が大好きらしい。
 というわけで水草を補充。