このごろ堂グッピーを飼う

グッピーを飼う


雑な飼い方

 増えすぎたグッピーを、庭においたトロ箱の中に入れてみました。

いるもの

トロ箱、底砂、植木鉢、水草。

トロ箱は近所のスーパーでもらってきた。
あとはあまりもの。

準備

・底砂になりそうなものと、水を、容器にいれ、一ヶ月待つ。

 底砂にしたのは、イベントでもらってきた土壌改良用の炭フレークだったりする。あと砂浜の砂。
 炭フレークのほうは、最初ものすごく濁るは、フレークが浮くわで、ろくでもない状況になり後悔したけれど、一ヶ月ほったらかしたらきれいに治まった。
 他、水槽から出た余分とか、水槽に入れる前に水につけておきたものもとか、あまっていた植木鉢など、全部ぶっこんだ。

グッピーを入れる

・水の温度合わせだけして、グッピーを放す。

 ビニール袋ごと水に入れ、水温が同じになったころから少しづつトロ箱の水と袋の水をまぜてから、袋から出した。
 準備中ボウフラが湧いたが、グッピーを入れたら一瞬でいなくなった。さすがカダヤシ(蚊+絶やし)科の生き物。
 ちなみに入れたのは5月頭。水温は計ったことはないけれど、水槽よりも圧倒的に低いことは、手を突っ込んだだけでわかる。

世話

・エサをやる。

 気が向いたらてきとーに、バッバとエサやり。
 まあ、水槽の魚たちよりはもらってるんじゃないかと思う。
 エサやりを忘れることもある。
 水換えはしていない。
 寒そうな夜はトロ箱のフタ閉めている。忘れなければ。
 蒸発で水がへった分は、ホースで水道水直接入れている。一度に入れる量が、たいしたことないように、気をつけているが、庭のホースで上からじゃばじゃばと。
 雨水も勝手に入る。一応、ヘリから流出しないようには工夫してあるけど。
 さすがに当初何匹か死んだみたいだが、一ヶ月してもたいして減りもせず、直射日光も入るが、アオミドロも発生していない。
 水質は悪くないようだ。というか、むしろ良い。今以上水温が上がったときが、やばそうだが。
 一応メスと思われるグッピー稚魚ばかり入れたので、増えないはず。だが、一匹でもオスがまじってたら、おもしろい大変なことになりそうだ。
 夏になったら日よけぐらい用意してやろうと思っている。さすがに南国じゃないので、冬は越せないと思うけど。

 こうやって飼っていたら、洗い桶のほうだけ水が濁ってきた。違いは、トロ箱のほうが水量が多いことと、炭がやたらと入っていることかな。
 桶はついに廃止。トロ箱は順調かと思われた。
 が、しかーし! 唐突に水漏れ発生、あっけなくトロ箱飼育は中止となったのであった。
 で9月、ついに睡蓮鉢を導入。とりあえずグッピーは生きています。

 グッピーの雑飼いは自己責任で。