このごろ堂 > 戻る

梅干、梅酒、梅漬け、カリカリ梅
梅酒を黒砂糖と梅酒でつけてみる

めざせ黒糖梅酒

 今年は梅が不作だった。全部かきあつめても1キロがせいぜい。小粒だし。色も悪いし。
 全部まとめて梅酒にしようかと思って店に行くと、ホワイトリカーと一緒においてある箱梅酒のほうが安い。
 そ・こ・で、梅酒で梅をつけることにした。
 実験中につき、この方法でうまくつかるという保障は、まるでしない。

・梅1キロにつき
 梅酒用35度の焼酎 0.3リットルぐらい(昨年の残り)
 梅酒 1.7リットルぐらい
 黒砂糖0.3キロ

 とりあえず箱梅酒の味見。うん。我が家でつけたやつのほうがうまい。

 ちなみに我が家では、梅酒の梅の再利用として、いつもこの手の安い梅酒の中に放り込む、という手段をとっている。2〜3度で味がぬけきるが、けっこう安い梅酒がいい感じになる。

 黒糖を入れたのが、市販の梅酒で、黒糖の梅酒というのがとてもおいしかったからである。
 で、どうなるかは後日のお楽しみってことで。

 結果発表。
 腐ることもなく、おいしくできました。
 色は、不透明で黒っぽく、濁りがある。
 味は、さっぱり系でコクがある。

 おもしろかったのは、取り出した梅が「これでもかっ!」というぐらい、エキスを吸い出されていたこと。
 しわしわ、がりがり、味がない。
 食べてもまずいので、安い梅酒に放り込みもせず、そのまま食べもせず、廃棄した。

このごろ堂 > 戻る