■ホームページへ
(C)山北篤
★スペオペ目次★

スペオペヒーローズ

スペオペヒーローズのプレイスタイル

 『スペオペヒーローズ』は、未来の宇宙を舞台にしたヒーローものRPGです。そして、ヒーローなのだから、必ず最後に勝利しなければならないのです。
 スペオペの主人公は、安全な遠回りと危険な近道があったら必ず近道を進み、悪い奴を見逃すよりは報酬が貰えないほうを選びます。そして、危険と背中合わせのスリルがないと生きていけないような、そんな人間なのです。
 もちろん、パーティーの中には慎重派の苦労人もいるでしょう。しかし、そんな人物ですら、主人公の、燃える主張に「仕方がねえなあ」などと言いながら付き合ってしまうのです。
 それでもなんとかなってしまうのが『スペオペヒーローズ』の主人公達の凄いところです。そして、主人公達には、性格的に割と明確な行動パターンが決められています。

ヒーロー系

 「熱血する主人公」こそ、ヒーロー系キャラクターの基本です。その精神を支えるために、戦闘力と行動力は最大に設定されています。つまり、熱血して突出するけれど、突出するだけの実力もあるのがヒーロー系です。

筋肉系

 「渋い戦闘キャラ」というのが、筋肉系キャラクターの基本です。ヒーローを助けて、最前線で戦うために作られたキャラクターです。戦闘能力も、銃器より白兵戦の方が高くなるようになっています。しかも、耐久力も高いので、ヤワな銃ではかすり傷一つ付きません。
 ヒーロー系と違うのは、「敵の攻撃に当たらない」のがヒーロー系で、「当たっても平気」なのが筋肉系キャラクターです。

スパイ系

 「影の主役」を狙うのが、スパイ系キャラクターの基本です。忍び込みや情報収集こそ、スパイ系の独壇場です。そのため、1人での行動も多くなるでしょうが、それでもなんとかなるように設定されています。
 熱血するよりも、クールに決めるのが、スパイ系キャラクターのおいしいプレイ方法でしょう。また、科学技術系キャラクターがいないパーティーで、「爆弾を解体する」シーンでいいところを見せることも可能でしょう。

科学系&技術系

 「ちょっと奇妙な博士(エンジニア)」というのが、科学技術系キャラクターの基本です。そのため、戦闘力はかなり低いものとなっています。そのため、今まで地味なキャラクターだったのですが、この本に掲載された「ラウンド作業ルール」によって、活躍の場が広がりました。
 「30秒以内に爆弾を停止させなくてはいけない」とか「味方が支えてくれている間に、牢屋の鍵を開けて人質を救出する」などといった、緊迫したシーンにおける主役は、この科学技術系キャラクターです。

ヒロイン系

 「清く正しいヒロイン」こそ、ヒロイン系キャラクターの基本です。戦闘力も、それなりにあるので、ヒーロー系のバックアップくらいなら十分行えます。ただし、耐久力は低いので、敵の攻撃の矢面にたってはいけません。ヒーロー系や筋肉系キャラクターに、きちんと守ってもらいましょう。

 もちろん、これだけが『スペオペヒーローズ』のキャラクターのあり方ではありません。「渋い主人公」に「すぐ切れる体力バカ」といった組み合わせだって、面白いに違いありません。
 ただ、これらは、他のキャラクターと組み合わせて面白いものです。筋肉系キャラクターが「渋い脇役」を目指しているのに、ヒーロー系まで「渋い二枚目」を目指してしまうと、ストーリーが地味になってしまいます。かといって、「熱血ヒーロー」と「興奮しがちな筋肉男」では、歯止めが利かなくて暴走してしまうでしょう。
 つまり、パーティー内の性格バランスというのも、面白いプレイのためには重要なのです。つまり、下の図のようなバランスです。

      突っ走る役←→クールな役
      △   △          守られる役
   肉体支援   知恵袋
 そして、多くの場合において、
 突っ走る役 = ヒーロー系
 肉体支援  = 筋肉系
 知恵袋   = 科学技術系
 クールな役 = スパイ系
 守られる役 = ヒロイン系
となることが多いと言っているのです。しかし、この結び付きは確定ではありません。プレイヤーの趣味によって、
 突っ走る役 = ヒロイン系
 肉体支援  = ヒーロー系
 知恵袋   = スパイ系
 クールな役 = 筋肉系
 守られる役 = 科学技術系

のようにしても構わないのです。
 ただ、同じ役を何人ものPCがプレイするのは、お薦めできません。パーティー全員が突っ走る役をしたり、パーティー内で複数の人間が守られる役をした場合、プレイが窮屈になるのは否めないのです。
 というわけで、アーキタイプではなく、性格的な面から、『スペオペヒーローズ』のパーティーのバランスを考えてみてください。1人だけで面白い性格をプレイしても、それに呼応してくれる他のPCがいなければ、単なる空振りに終わってしまいます。それよりも、ストーリーが面白くプレイできる組み合わせというのを考えて、キャラクターの性格を決定する方が、遥かに楽しいプレイになると思います。


★スペオペ目次★