(C)hosoe hiromi 細江ひろみ

『宇宙はヒーローのためにある!』

細江ひろみ

 ワールド紹介ならぬ宇宙紹介といきましょう。
『無限に広がる大宇宙』 
「無限に広がる大宇宙」このセリフのごとく(註:これをプレイヤー・キャラクターに語らせろ! そうすれば経験点が貰えるのだ!)宇宙はー広いなー大きいーなー、星ーのー数ーほーどー星がーあーるー、のです。
 最初に、あなたは宇宙に星の数ほどいるふつーの人ではありません。そのことを忘れないでくださいね。これからはあなたのキャラクターをヒーローと呼びましょう。
 一つの惑星の上でもいくつものワールドがあります。それなのにヒーローは20光年をひとっとび。惑星(ルビ:ほし)から惑星(ルビ:ほし)へと高性能ジャンプシップで宇宙を駆けるのですからもうたいへん。
 高層ホテルのテラスでブランチをとったヒーローたちも、その日の午後はジャングルでディナーと格闘していたりするのです。そんなふうですからワールド紹介といっても自然環境など紹介しきれるはずもありません。宇宙空間など環境なんか「ない」のひとこと。空気もなければ重力もない。しかしこれがまたオツなんです。
 だけど、どこへ行っても同じ宇宙の中です。同じ宇宙法則が働いていることだけは間違いありません。そのもっとも重要な宇宙法則とは……
 『宇宙はスペオペ・ヒーローのために存在する!』
 とゆう法則なのです。ありとあらゆる惑星の環境、人々の生活、大変な事件。これらはすべてプレイヤー・キャラクターたちがヒーローらしく活躍するために存在しているのです。
 地道な人生にあきたなら、そして痛快なスペオペを楽しみたいあなたなら、この宇宙はあなたのためにあるのです!
 この宇宙の中でも、ときにはヒーローたちも失敗することもあります。なにしろマスターが「そのほうがヒーローらしい」と考えたのならば、いつでもヒーローたちの行動を失敗させてしまうことができるのです!
 そう、この宇宙には「ヒーローたるもの、失敗から力を得て立ち上がり、障害を打ち砕くものである」という法則がなりたっているのです!
 ヒーローが乗り越えるための障害まで用意してくれる。障害と同時にそこから立ち上がる力を与えてくれる。これがこの宇宙の法則としてなりたっているのです!『宇宙の常識・非常識』
 ところで、ヒーローたちのために用意されたこの宇宙ですが、一般の科学と文化のレベルはどんなものなのでしょう。
 ヒーローたちはめずらしいことがらに山ほど出会うことになるでしょう。いえ、なっています。しかし、普通はどうなのかを知っていなければ、そうではないことに驚くことができません。
 宇宙は驚異に満ちていますが、なにが驚異なのか知らなければ、楽しさも半減してしまいます。

『歴史』
 ではまず、どうやってスペオペ・ヒーローたちのための宇宙ができあがったのか、お話ししましょう。
 ことの起こりは約 200年前にさかのぼります。宇宙に手をのばしはじめていた人類は宇宙空間にただよう不思議な物体を発見しました。
 それがジャンプドライブだとわかるまでにもいろいろあったのですが、その後それと似たものを量産できるようになり、人類は恒星間宇宙へと旅だったのです!
 とはいえ、ジャンプドライブの性能は宇宙で見つけたものと、人類がまねしてつくったものでは性能に大きく差がでたのです。人類はそのドライブの複製をつくることはできましたが現在でもその原理はわかっていません。なにしろ宇宙で発見されたエンジンは人類の持っていたあらゆる手段をこころみても、傷一つつけることができなかったのです。ガワだけマネたら動いたからいーや。てなもんです。
 オリジナルのジャンプドライブはわずかなエネルギーで20光年を跳びますが、普通のは膨大なエネルギーを使って10光年がやっとです。
 人類が、複製のジャンプドライブを登載したジャンプシップで宇宙に進出しはじめると、またもジャンプドライブが発見されたのです。
 その後も人類がそのエリアを広めるたびに、ときおり宇宙に浮かぶジャンプドライブが発見されました。今では1立方光年にあたり1つ存在しているのではないかと言われています。もちろん、それだけの数が見つかったのではなく、サハラ砂漠の中の1つぶのビーズを発見する以上に宇宙でジャンプドライブを発見するのはたいへんだということです。
 ヒーローたちが持っているジャンプシップのドライブは、こうして発見されたオリジナルのジャンプドライブなのです。
 親から受け継いだものかもしれませんし、自分たちで発見したのかもしれません。そして、そのジャンプドライブに出会った瞬間から、ヒーローとしての生活が待ちかまえているのです。

『科学技術と文明』 「中央と辺境」
 では、科学技術はどこまで進歩しているでしょう。ひとことでいうと、スペオペにちょうどいいくらいです。とはいえ、スペオペにもいろいろありますから、この説明じゃわかりませんね。
 まず人類が移民してからかなりの時間がたっている71.5%の場所であれば、どこでも同じような文明の利器が利用できます。
 これは大型ジャンプシップによる交通網とジャンプドライブと同時に発見された超高速通信によって最新情報が伝達されるからなのです。
 このような場所では、隣の星系への旅行は現在の海外旅行程度の費用と時間で楽しむことができます。星系内であればちょっと遠めの国内旅行程度の気分でしょう。惑星内では出張手当もでないかもしれません。
 しかし、最近入植しはじめたばかりで充分に開発のすすんでいない場所もたくさんあります。鉱山など特別な目的のために開発された場所では、人類が暮らすにはまったく不向きかもしれません。
 そのような場所では何がおきるかわかりません。自然の驚異からさまざまな犯罪までが、事件を解決してくれるヒーローたちがやってくるのを待っているのです。「アイテム」
 スペオペ・ヒーローズRPGのアイテムリストには、実にさまざまな(とんでもない)製品が紹介されています。これらの品は、大きく設備の整った宇宙港のある場所ならば手に入るでしょう。
 もちろん、辺境では好きなだけ最新モデルを手に入れることはむずかしくなります。また、特定の場所へ特定の品(武器など)の持ち込みを制限したり禁止していることもあるでしょう。
 ヒーローたちの事情も考えなければなりません。できればアイテムにもこだわりを、といいたいところなのですが、実際問題としてアイテムの中には天文学的な価格のものもいくつかあります。
 また、購入したとしてもヒーローたちのジャンプシップに積むことができないほど大きなアイテムもあります。(きょ、巨大ロボット買ってくれぃ!)
 マスターはリストにない、安くて、高性能で、小型のアイテムを設定したいと考えるかもしれません。そのとき一番に考えなければいけないのは「それはスペオペにふさわしいか?」「それはヒーローにふさわしいか?」です。それ以外はどーでもいいです。
 あまりにも強力で便利すぎる武器などは、ヒーローのかわりにそのアイテムが活躍してしまいます。また、ヒーローたちが購入できる品はヒーローの敵もまた手に入れることができるのです。アイテムは、ヒーローたちが活躍できるように存在しなければいけません。
 もし、タイムマシンの原理が一般化されていて、ヒーローたちも悪人たちもタイムマシンにのって活躍なんかしたりしたら、スペースオペラじゃなくってタイムオペラになってしまいます。
 これではスペオペのヒーローらしくありません。
 では、なにがなんでもタイムマシンを登場させることはできないのでしょうか?
 ……ふっふっふのフッ。
 そうではありません。アイテムリストに価格といっしょに設定して、誰でも買えるようにしてはいけません。が、スペオペのヒーローたちがこの「誰でも」買えるような物しか手に入れられないと思いますか?
 さて、誰でも買えるような物ではない物に興味がある人は、そのまま読みすすんでください。かならず満足できます。今しばし、この宇宙の常識について話しをすすめましょう。
 
『異星人』
 人類の文明は、こうしてスペオペのヒーローのために発達しました。では人類以外の文明はどうでしょうか。
 スペオペとくればまず異星人を連想しませんでしたか?
 スターウォーズのようにさまざまな異星人と肩を並べて冒険できるんじゃあないかしら。スタートレックに登場するスポックのような異星人をプレイできるんじゃないかしら。私はそれを期待していました。
 なんと、この宇宙ではもっともっと異星人は特別な存在なのです。
 今のところ、地球人と同じように宇宙を跳びまわる知的生命体と公式に交渉はありません。なぜなら「ヒーローがファーストコンタクトしなくてどうする!」という宇宙の親心が働いているからなのです。
 どんなに宇宙に人類がはびこって、異星人の船が地球人の鼻先を通りすぎようとも、偶然普通の地球人が異星人とのファーストコンタクトを果たした、なんてあってはいけないのです。
 だけどそれは、この宇宙に異星人がいないとゆうことではありません。ちょっとばかり誤解があってただの動物と思われてるだけかもしれないし、国家や銀河連合がトップシークレットにして隠しているのかもしれないのです。
 また、異星人の遺跡や痕跡であればいくつも発見されています。異星人の遺跡らしい品のなかにはジャンプドライブも含まれます。価値ある異星人の遺跡を発掘することをなりわいとしているヒーローたちもいます。ふつーの人にとっては、異星人というのは大昔に亡んで、ジャンプドライブを残してくれただけのものなのです。
 つまり、まちがいなく異星人はいるのです。
 そして生きた異星人と出会うのが、ヒーローの役目でなくってなんだというのでしょう!
 たとえば、偶然街で知り合った女の子は、人間そっくりのエイリアンだったりするのです。彼女はこの星系最大の機密なのですが、用意されたホテルを抜け出して冒険を楽しんでいるのかもしれません。
 未開惑星にバカンスに出かければ、狩の対象が知性種族だと知ってしまうことになり、彼らを助けるために活躍することもあるでしょう。
 宇宙を旅している最中でも、突如やってきた謎の異星人の大宇宙艦隊と出会ってしまうことになるのです。あなたは地球人の頭の硬い軍人をなだめながらも、その異星人が偽物であることをつきとめるかもしれません。
 そして、あなたの宇宙船には一人(一匹)の異星の生物が住み着いて、それを秘密にしなければならなくなることもあるかも知れないのです。
 スペオペヒーローズRPGには異星人が設定されていません。
 しかしなぜスペオペなのに異星人が設定されていないのかわかりましたね?
 異星人はマスターが、ヒーローたちにヒーローの名にふさわしい活躍をさせるためだけに、設定するべきものだからなのです。
『コンピュータとロボット』
 人類の身近にあり、助けとなってくれているのが高性能のコンピュータでありロボットです。コンピュータは持ち運べる小型のものと超大型に2極化し、その中間のサイズはなくなっています。
 ジャンプドライブのコントロールは、ふだんはコンピュータがやっています。ジャンプドライブのコントロールの方法についてはまだよくはわかっていません。職人芸だとか長年の勘としかいいようがないものでコントロールをしているにすぎないのです。
 ドライブをコントロールするコンピュータは、その名人芸を模倣しているにすぎません。
 ロボットも、コンピュータの性能向上にしたがって、さまざまな種類が開発されました。
 ヒーローたちにとって、もっとも身近に存在するのがマスコットロボットでしょう。
 マスコットロボットはヒーローたちの活躍にとって、なくてはならない存在です。なぜならヒーローがジャンプシップを離れているときに留守番をしてくれるからです。
 もちろんそのほかにもちょっとした修理や操縦の代行もしてくれます。しかし、人間には及びません。
 また、特殊な用途に使われる専門ロボットもたくさんあります。たとえば戦闘用の巨大ロボットは人間が乗り込んで操縦するタイプです。これも、完全なロボットにするにはコンピュータの性能がおいつかないためでしょう。
 コンピュータもロボットも、いま一つ人間には及ばないようです。もちろんこれは、「もっとも活躍するべきなのはヒーローである」という宇宙の大前提がはたらいているからなのです。その証拠に、ロボットはヒーローポイントを持っていません。
 え?
 実はあなたはロボットなんですか?
 ではあなたにはヒーローポイントがあるはずです。これで普通のロボットではありません。あなたはロボットである前に、ヒーローなのです。
『組織』
「社会と組織」
 常に人間とともにあり、ときとして人間らしくない振る舞いをするのが、人間の社会と組織です。
 この宇宙時代において、人類はさまざまな機構をつくりあげました。そのうちのいくつかは清潔で不正のない世界をめざして日夜努力をしています。これらの機構の一員として活躍しているヒーローたちもいるでしょう。
 宇宙時代にふさわしく、組織のうちのいくつかは非常に巨大です。そして複雑にからみあっています。
 もっとも有名であり巨大な組織は「銀河連合」です。銀河連合は多数の巨大な下部組織を持っています。「銀河連合軍」「銀河警察」「銀河郵便連合」「銀河気象機関」「宇宙開発事業団」「銀河連合大学」「銀河連合裁判所」。それぞれがさらに下部の組織をもっていて、それもまた充分大きな組織なのです。
 いくつもの星系に根をはる超巨大企業も忘れてはいけません。それらの企業はありとあらゆる企業活動をおこなっています。営業活動から宣伝活動まで、とても大規模になることもあるでしょう。
 惑星から星系単位の国家も大きな組織です。その多くが銀河連合に加盟しています。
 また、規模が小さすぎて国家としてなりたたない場合もあります。そのような場所では治安が安定せず、ときには犯罪がはびこります。そして犯罪組織はそのような場所では巨大な力を持つでしょう。
 その他の組織の中にも大きなものがあります。政治団体から宗教団体までその種類はさまざまですが、活動に特色のあるグループもあ多く、見逃すことはできません。「ヒーローと組織」
 ヒーローたちも組織とは無縁ではいられません。
 銀河連合の一員として生活しているのならば、あなたのジャンプシップは宙運局の発行したナンバーを持っているでしょう。ヒーローたちが銀河連合に未加入の惑星出身だったとしても、加盟惑星にでかけることはあるはずです。
 また、あなたのジャンプシップの中には、巨大企業のロゴが入った製品がいっぱいあるはずです。もちろん、こんなどうでもいい組織とのかかわりあいはこっちにおいておきます。
 まず、ヒーローたちは組織のエージェントとして活躍することもできます。宇宙軍や宇宙警察の特殊部隊の任務をこなすヒーローから、学術団体の一員として遺跡を調査員まで、組織の一員といっても実に多彩です。
 さまざまな組織とつきあいたいけど組織にしばられるのはいやだ。そんなヒーローたちもいるでしょう。それならば、レイダーとして人材派遣会社に登録しておくのもよいでしょう。レイダーこそ、ジャンプシップを駆って宇宙を跳びまわる、なんでもござれの職業です。
 銀河一の人材派遣会社「スペース・サポート株式会社」をお忘れなく。どんな人材も派遣します。そして、当社は常にレイダーを求めています。
 このような仕事の依頼者としてのみ、組織は存在しているのではありません。組織はさまざまなトラブルからさまざまな犯罪まで、ヒーローがかかわっても恥ずかしくない事件をヒーローたちに提供します。
 ふだん気にならないローカルな組織も、時としてヒーローたちの活躍のために一肌ぬいでくれます。たとえば地元の警察はどは、ヒーローたちが解決したほうがカッコいい事柄については、実に無能になってくれます。ヒーローたちがあと一歩で、事件ボヤのうちにふせぐことができるときには、宇宙空港は書類の不備をいいたてて入港許可を出してくれないかもしれません。
 こうして、「偶然不運がつみかさなる」ことによっても事件が大きくなることがあるのも、「ヒーローが解決する事件はチンケなものであってはいけない」という、スペオペの宇宙の法則が働いてしまうからなのです。『特別な存在』
 宇宙には特別な存在というものがあります。
 まさにヒーローたちがそうなのですが、他にもあります。いえ、スペオペでありヒーローのために存在するのであれば、どんなものでも存在できるのです。「ガジェット」
 ガジェットとはスペオペのために存在するような、みょうちくりんなアイテムのことです。どこがどう機能してそうなるのか、わかっているのかわかっていないのかもわかりませんが、とにかくこれがヒーローのために存在していることだけはまちがいありません。
 ガジェットはふだん手に入れられないような品であり、めったに見られぬ性能であることが多いようです。そのため、値段などつけられぬほど高価です。
 そして、価格と性能の両方の価値のために悪人が狙うことも多く、また悪人が手にしていることも多いようです。
 敵が身につけた携帯バリアーがガジェットです。
 異星人の巨大なジャンプシップであるとか、マッドサイエンティストがつくった異空間を発生させる装置などもガジェットです。
 もちろんヒーローもガジェットを手にします。もちろん、ただ便利に手にするよりも、ドラマティックに手にしたほうがヒーローらしいでしょう。
 そしてまた、ヒーローらしさのためならば、究極に便利なガジェットであっても「いけない、これは人類の未来のためにはあってはならない物なのだ」といいながら(セリフを語るのがポイントね)それをブラックホールにポイしちゃいましょう。これが汎用タイムマシンの設計図の運命なのですが……
 ヒーローたちならば時間旅行をやらかしてもいいと思いませんか?
 スタートレックのエンタープライズ号も、宇宙の無責任男タイラーも、過去に行ったことがあるのです。ヒーローたちが「スペオペのヒーローである」という自覚をなくさないならば、時間旅行をしてはいけない理由はありません。
 そうそう、ジャンプドライブも高価で悪人ならほしがる「ガジェット」と呼ぶことができます。スペオペの定番アイテムの総称って意味でとらえてもいいかもしれません。ジャンプシップ
 あなたも、あなたのジャンプシップに登載されているのがオリジナルのジャンプドライブであることは、あまりいいふらさないほうがよいかもしれません。悪人たちが高価なドライブを手に入れようと、あの手この手でアプローチしてくるからです。
 もっとも、悪人を恐れてこそこそするような真似はヒーローには似合わない、と考える人もいます。「くるならこい、正々堂々受けてたとう」これもヒーローらしい態度です。
 また、オリジナルのジャンプドライブを登載したジャンプシップを持っていること自体が、さまざまな意味でステータスシンボルとなります。
 たとえば官給品としてそのようなジャンプシップを与えられているのであれば、誰もがヒーローたちを「ただものではない」と考えるでしょう。これは秘密任務のときには、はなはだ不都合です。
 また、個人の所有物である場合は「たいへんな金持ち」だと評価されるのが普通です。もともと、普通のジャンプシップでもなかなか個人所有ができるような価格ではないのです。オリジナルのドライブ登載のジャンプシップなど、値段がつけられないほどの価値があるのです。
 他のガジェットにこだわりすぎてヒーローらしくなくなるのは困りますが、こればっかりは自分の命と同じくらいのつもりで大事にしてくださいね。
 もちろん、命よりもヒーローらしさが大事です。異星人の遺跡
 人類は宇宙のあちこちで、かなり多数の異星人の遺跡を発見しました。そこからは、まさに「いろんなもの」としか形容できないものが見つかりました。それらはまさに「宇宙の宝物」だったのです。
 時に、それらの品はそれらは奇妙な事件をまきおこしたり、信じられない影響を周囲に与えたりすることもあります。触るだけで危険かもしれませんし、芸術品かもしれません。
 遺跡で発見されるものの場合、それがなんであるか、なんのためのものなのかわからない、という特徴があります。人類の科学を超越していたり、理解できない品もあるでしょう。
 ちょっと逆に想像してみてください。非人間型の異星人が、電動ハブラシを発見したときにどうそれを理解するでしょうか。しかし、たとえ異星人の電動ハブラシであることを理解できなくても、その仕組みが利用できるものであれば、いえそうでなくてそれらの価値ははかりしれないものがあります。めずらしい記念品、それを手にするために高額を支払う人や法を無視する人はこの時代にもいるのです。
 そのため、遺跡は悪人たちから狙われています。
 このようなわけで、遺跡にかかわる仕事はヒーローたちにふさわしいものとなっているのです。具体的には、遺跡の発見、発掘、調査、護衛、移送などがあります。天才科学者の発明品
 どちらかというと、天才と紙一重の科学者の発明品です。天災的な発明品ともいえるでしょう。
 オーダーメイドの高性能銃から、軍が秘密開発していた新兵器のついでに発明された品まで、こちらもさまざまな品があります。
 異星人の遺跡にくらべたら、まだわかりやすい品が多いかもしれません。少なくとも人間が使うために造られた品か、そのついでの産物です。
 人間が作り上げたものには明確な存在理由があるものです。たとえば、復讐のためにつくられた殺人ロボット。超強力すぎてしまった毛はえ薬。高性能すぎて嘘をついてしまうコンピュータなどです。
 もちろん、親友が命をかけて造ってくれた品ならば、ヒーローにふさわしいはずです。「ブラックマーケット」
 ガジェットはどこでも気軽に買うことができるようなアイテムとは違います。と、こーゆーいいかたをすればもう気がつきましたね?
 そう、ヒーローたちの活躍のためならば、ガジェットのブラックマーケットも存在するのです。しかし注意してください。ガジェットもブラックマーケットもヒーローたちの便宜をはかるために存在するのではありません。あくまでも、ヒーローたちがスペオペの活躍をするために存在しているのです。
 そして、時には最初からガジェットの災難に巻き込まれることもあるでしょう。ブラックマーケットにとっては、ヒーローたちがやってくることじたいが災難です。それを止めるすべはありません。
 そして、それらに背を向けることはヒーローらしくない行為です。 「超能力」
 ガジェットよりもさらに特別な存在です。マスターが許可すれば、ヒーローたちもこの能力を持つことができます。もともと、ヒーローであること(ヒーローポイントを持っていること)がすでに超能力を持って産まれたようなものですが、これに超能力が加わるとはたまたすばらしいヒーローが生まれでることでしょう。
 ただ、超能力があるとないとでは大違いです。超能力者用シナリオでなければ、プレイヤーは超能力者はプレイしてはいけません。理由は簡単です。「スペオペのヒーローではなくて、超能力者のヒーローの活躍になってしまうから」です。
 超能力者のヒーローを使用するときは、超能力者でなおかつスペオペのヒーローでなければならないのです。
 
『宇宙はヒーローを待っている!』
 みなさん、これでスペオペの宇宙がどんなところか、もうおわかりですね?
 宇宙はあなたがたの存在を心から待ってます。
 ヒーローたちがいなければこの宇宙の存在価値などプレイヤーのいないマスターと同じなのです。
 ヒーローたちは窮地におちいり、みごとにそれを乗り越え、最後は活躍につぐ活躍と決めセリフで、ヒーローになるのです。
 ヒーローには正義のヒーローからちょっと悪の香りがするヒーロー、ヒーローらしくないヒーローから結果的にヒーローになってしまう奴。宇宙に名の知れわたるヒーローから名も告げずに去っていくヒーローなど、さまざまなパターンがあります。
 さあ、あなたも究極のヒーローとなるべく宇宙で活躍しましょう?
 今ならヒーローには、
 
 もれなくオリジナルジャンプシップと!
 すばらしいアドベンチャーが!
 ついてます!

 ではあなたのご活躍を心からお待ちしております。