(C)hosoe hiromi
 "■このごろ堂へ"はまりもの両棲人間HOME

アレクサンドル・ベリャーエフ 作
「両棲人間」

Александр Беляев
Человек-Амфибия

細江版翻訳

2003.10.17
2005.1.15 最終更新日

1 海の悪魔

 息が詰まりそうなほど暑苦しい、アルゼンチンのある一月の夏の夜のことだった。
 星々におおわれた暗い夜の底に、メドゥーサ号が、ひっそりと錨を下ろしていた。船側に打ちつける波もなく、船板がきしむこともない静かな夜で、まるで海そのものが、深い眠りに落ちたかのようだった。
 この帆船のデッキには、半裸のインディオの真珠採りたちが、横たわっていた。日中の仕事と熱い日差しで疲れきり、ぐったりと眠り込んでいるのだ。時折うめき、手足をひきつらせているのは、たぶん彼らの敵……サメに襲われる夢でも見ているのだろう。
 その日は暑くて風もなく、そのせいで仕事を終えて海から上がるころには疲れ果て、帆船にボートを引き上げる気力すら残らなかった。それに、天気は当分変りそうになかったので、ボートは錨鎖にもやうだけにして、そのまま海に浮かべてある。
 帆船も、前帆を留める索具も緩んだまま、傾いたままの帆桁で片づけられていない三角帆が、時折のわずかなそよ風にも、パタパタとはためかせている。へさきから船尾まで、真珠貝の貝殻や、サンゴの欠片や、潜水に使うロープや、真珠貝を入れる袋やからの樽で、いっぱいだ。
 後ろのマストの近くには、大きな水の樽がある。鉄の柄杓が鎖で繋いであり、樽のまわりはこぼれた水で黒くぬれている。
 ときおり眠っていた真珠取りが、ふらふらと起き上がった。そして眠っている連中の足や腕を蹴つまずきながら水の樽に近づき、その水で喉をうるおす。寝ぼけ眼で、柄杓から水をこぼしながら飲むその姿は、まるで酔っ払いののようだ。
 真珠採りたちは、疲れ果てているだけでなく、喉もからからだった。彼らは強い水圧に耐えるため、仕事中は何も食べない。朝から水中が見通せなくなるほど暗くなるまで何も食べずに働き続け、寝る前に塩づけの肉を食べる。だから夜中、喉が渇くのだ。
 インディオのバルタザールが、夜の見張りをしていた。メドゥーサ号の持ち主の、ズリタに直接雇われている男だ。
 バルタザールは、有名な真珠取りだった。若い頃は人並みの二倍以上、九十から百秒も、水に潜っていることができた。
「なんでそんなことができるのかって? そりゃ仕込みは早い方がいいってことさ」
 バルタザールは若い真珠取りたちに、そんなふうに話したものだ。
「俺が十になるとすぐ、親父が俺を、はしけのホセんところに連れていった。そこには同じように修行しに来たガキが十二人いた。あいつは俺たちをこんなふうにして仕込んだもんだ。
 まず白い石や貝殻を海に投げ入れて、一人づつ飛び込んで取って来いという。取ってくれば、もっと深い場所に投げいれる。取ってこれずに戻ってくれば鞭で打って『もういっぺん行ってこい!』と、子犬のように海ん中に放り込む。そうやって俺たちに潜り方を仕込んだもんさ。
 それが終わると、次は長く潜る訓練さ。まずベテランの真珠取りが、錨にカゴを紐で結んでくる。そして俺たちが潜ってほどいて取ってくる。取ってこれなきゃ、また鞭だ。俺たちは容赦なく叩かれたよ。
 ほとんどのヤツが、これにゃ最後まで耐えられずに逃げ出した。けれど俺は最後まで居残って、このあたりの海じゃ一番稼ぐ真珠取りになったってわけさ」
 しかしバルタザールも年を取り、左足はサメに、わき腹を錨の鎖にえぐられて、真珠を探す危険な仕事を引退した。そしてブエノスアイレスで、サンゴの欠片や、真珠や、貝殻や、海に関する骨董品を売る小さな店を始めた。けれど結局彼は陸の生活に飽き足らず、頻繁に店を抜け出しては、真珠採りたちと一緒に海に出るようになってしまった。
 どの船主も、喜んで彼を雇い船に乗せたがった。バルタザールほど、ラプラタ湾のことを知り尽くした男はいなかったからだ。彼の言う通りに錨を下ろせば、真珠採りたちも船主も、大満足の成果を手にすることができたのである。
 バルタザールは、若い真珠採りたちに、いろんな仕事のコツも教えてやった。息の溜め方、襲ってくるサメの追い払い方、そして機嫌がよければ……船主に気づかれないよう真珠を着服する方法までをも。
 実のところ船主は、それに気づいていた。けれどバルタザールがいると、短時間で良質の真珠をたくさん集めることができ、ずっと大きな儲けが出る。だから喜んで、彼を雇い入れるのだ。
 バルタザールは小さな樽に座り、ゆっくりと太い葉巻を煙らせていた。マストに備えられたランプが、彼のアウラカン族の、立派な鼻と、大きな美しい目と、頬骨の張っていない細面の顔を、照らし出している。彼の瞼が重く垂れ下がり、そしてゆっくりと持ち上がっていく。居眠りをしているのだ。けれど、彼の目が眠っていても、その耳は起きていた。彼が深い眠りの中にあっても、常に耳はいち早く危険を察知し、あらゆる暗礁を回避することができる。
 しかし今バルタザールの耳に入ってくるのは、眠っている者たちの、ため息とつぶやきだけだ。
 海岸から、腐った貝の臭いが漂ってくる。……真珠を取り出しやすくするために貝を腐らせているのだ。生きている真珠貝を開くのは、なかなか手間がかかるからだ。それはとにかく酷い臭いで、慣れぬ人には耐えられぬものだったが、バルタザールの鼻は、その臭いを喜んで嗅ぎ取っていた。流浪の真珠採りとして生きてきた彼は、この臭いを嗅ぐたびに、自由気ままでスリルに満ちた海の生活を、あざやかに思い出すのだ。
 真珠を取り出した後、大きな貝殻をメドゥーサ号に積みこませた。ズリタは抜け目なく、ボタンやカフスを作る工場に売っていた。
 バルタザールは、こっくりと船をこいだ。頭が傾き、指先から葉巻が落ちる。けれどその意識は、海の遠くから聞こえてきた音に気がついた。彼は目を見開く。音は近づき、繰り返された。
 誰かが角笛を吹いているようだ。そしてその時、朗らかな若者の叫び声がした。
「アー!」
 そしてまた、1オクターブ高く、
「アァー!……」
 角笛の音は汽船の汽笛とは似ても似つかなかったし、陽気な声は助けを求める叫びとはまるで違っている。
 聞いたこともない、未知の何かだった。
 バルタザールは立ち上がった。背筋がぞっとした。
 船側に近づき、用心深く穏やかな海を見た。
 誰もいない。
 静かだ。
 バルタザールは、デッキで寝ているインディオを足で押して起し、囁いた。
「何かが叫んでいる。あれかもしれん」
「何も聞こえませんぜ」
 ヒューロン族のインディオが静かに答えて膝立ちになった時、静寂を破って角笛の音が鳴り響いた。
「アーア!…」
 その声がまるで鞭であり、その鞭で叩かれたかのように、ヒューロンがのけぞった。
「確かに、こいつは、たぶん」
 ヒューロンは、歯をがちがちと鳴らしながら、そういった。
 他の真珠取りたちも目を覚まし、暗闇から逃れるかのように、黄色いランプの明かりのある場所に寄り集まって座り込んだ。
 角笛と声を、今度はみんなが耳にした。
 再び角笛と声がひどく遠くから聞こえ、そして何も聞こえなくなった。
「あれは、海の悪魔に違いない」と、真珠取りたちはささやいていた。
「これ以上、ここにいちゃいけない」
「サメなんかより、ずっと悪い!」
「船主に言わないと」
 そこに素足の足音が、近づいてきた。船主のペドロ・ズリタが、あくびをしながら甲板にやってきて、毛深い胸をぼりぼりかいた。キャンバス地のズボンだけで、ジャケットは着ていない。広い革ベルトには、連発銃のホルスターがぶらさがっている。
 ズリタが真珠採りたちに近づくと、ランプが日焼けした眠そうな顔を照らし出した。額の上のモジャモジャした青銅色の髪、眉毛は黒く、灰色がかったあごひげは上向きに跳ね上がっている。
「何があった?」
 その投げやりな、よく言えば平然とした声と、堂々とした振る舞いに、真珠採りたちは落ち着きを取り戻した。
 そして一斉にしゃべり始めたので、バルタザールは、手を上げて静かにさせると、代表して話し始めた。
「俺たちは、聞いたんでさ……。海の悪魔の……」
 ペドロは眠そうにうつむいたまま、手を上げてバルタザールを止めた。
「見たのか!」
 真珠採りの一人が叫んだ。
「いいや、姿を現したわけじゃねぇ。けど俺たちみんな『アーア!』てな声と、角笛の音を聞いたんだ!」
 再びバルタザールは、真珠採りたちに静かにするよう、合図した。
「この耳で確かに聞いたんでさ。海の悪魔のほかに、誰も海であんな声を出し、角笛を吹きゃしません。一刻も早くここを離れなきゃならないってもんですよ」
「おとぎ話だ」と言ったものの、ベドロ・ズリタも自信はなさそうだった。
 ペドロは、海岸からここまで臭ってくるような、まだ腐りきってない貝を船に積みたいとも、錨を上げたいとも、思っていなかった。けれど真珠採りたちを説得することは、できそうにない。
 今彼らは手を振り上げ、口々に、もしズリタが錨を上げないのなら、夜が明けたらボートで海岸に向かい、あとは歩いてでもブエノスアイレスに帰ると、わめいている。
「あんたがここに残るってんなら、海の悪魔と一緒にのろわれちまえ!」
 ついにズリタは、最後にはこう言わなければならなくなた。
「お前たちには負けたよ。夜が明けたら錨を上げればいいんだろうが」
 そしてぶつくさ文句をいいながら、彼の船室に戻っていった。
 ズリタはもう眠れるような気分ではなっていた。灯りをつけ、葉巻をくわえ、小さな船室の隅から隅へとゆっくり歩き回る。そして、このあたりの海に現れて漁師や沿岸の住民を怖がらせている、わけのわからないもののことを、考え始めた。

 この怪物を、はっきり見たという者はいなかったが、噂だけがいくつも飛び交っている。
 船乗りたちは、まるで怪物に聞かれることを恐れているかのように、肩越しに後ろを振り返りながら、こそこそと話す。そいつは悪さをするが、助けてくれることもある。
 年老いたインディオは、こう言った。「海の神だ。千年に一度海の底から世直しに現れる海の神だ」
 カトリックの司祭は、迷信におびえるスペイン人たちに、『海の悪魔』に違いないと話して聞かせた。私たちが、神聖カトリック教会への信仰を疎かにしたから現れたのだと。
 こうした噂話は、口から口へと伝えられ、ブエノスアイレスにまで広まっていた。
 ここ数週間、タブロイド新聞の記者たちは、喜んで『海の悪魔』のことを書きたてている。たとえば、漁船や帆船が沈んで原因がわからなかったり、漁網がダメになったり、あるいはなくなったり、船に積んでおいた魚が消えてしまったりすると、一斉に『海の悪魔』の仕業だと非難するのだ。けれど『悪魔』は、時には漁師のボートに大きな魚を投げ込んだり、溺れかけた人を助けることもあった。
 少なくとも、ある男が溺れ沈みかけた時には、誰かに後ろから抱え上げられた。そしてそのまま海岸へ向かい、足が砂地を踏んで助かったと思った瞬間、救護者は磯の波間に姿を消した。
 しかし驚くべきは、こうした個々の事件ではなく、『海の悪魔』そのものを誰も目にしていないということであり、その神秘的な実体を記録したものがいないということだ。
 目撃者は確かにいた。けれど彼らは、『悪魔』の頭には角がある。山羊のようなアゴ髭がある。ライオンの前足と魚の尻尾があると言った。人間の足を持つ巨大なヒキガエルだと言う者もいた。
 役人は最初、こうした噂も新聞記事も、いずれ立ち消えて終わるだろうと、気にしていなかった。
 けれど噂は、漁師たちの間で大きく膨らみ、不安が不安を呼び覚ましていった。彼らは海に出ることを恐れるようになり、ついに漁獲量にまで影響し、ブエノスアイレスで魚不足が発生した。ここに来て、自治体の役人が警察に調査を命じたのである。
 沿岸警備隊の数隻のカッターとモーターボートの隊員が、「この沿岸で騒動を引き起こしている、謎の人物を逮捕せよ」と上陸を命じられた。そして二週間にわたってラプラタ湾沿岸を歩き回り、悪意をもってデマを流し人々を不安に陥れた罪で、数人のインディオを逮捕した。しかし『悪魔』を捕まえようとは、考えもしなかった。
 警察署長は、こんな公式見解を、発表した。
「噂は無知な人々の作り話であり、『悪魔』など存在しない。噂を漁師たちに広めた者は、すでに逮捕した。彼らには厳罰が下されるであろう。漁師は、こうした作り話に怯えて漁を取りやめる必要はない」
 これでこの騒ぎは、終息すると思われた。
 しかし『悪魔』のイタズラは、終わらなかったのである。
 ある時は、海岸からは十分に離れた沖の漁師たちが、小ヤギのメェーと鳴く声で目を覚ました。小船の中に、ふってわいたかのように小ヤギが現れたのだ。別の漁師たちは、漁網が切り裂かれていることに気がついた。
 待ってましたとばかりに喜んで、新聞記者たちが科学者たちに、この新事実についてのコメントを求めた。
 大半の科学者は、「このようなことをなしうる、未知の海の怪物など、科学的に存在しえない。その能力があるのは、ただ人間だけである」と、平凡な回答をしてから、一部の科学者はこう続けた。「ただし、調査されていない深海については、存在の可能性を否定しきることはできない」。しかし科学者たちは、知性のある未知の生物の存在を、認めようともしなかった。警察署長と同じように、科学者もこの事件は、イタズラ者の仕業だと考えていた。
 しかし、科学者の全てがそう考えたわけではない。
 ある年配の科学者は、有名なスイスの博物学者、ゲスナーの著を引き合いに出して、こう言った。
「長年博物学者に強い影響を与えた十六世紀のコンラッド・ゲスナーの『動物誌』には、『人魚、海の悪魔、海坊主、海僧正』についても、書かれています。中世の学説は、近年の科学によって否定されてきました。しかし、最終的には古代や中世の科学者が正しかったと立証されたことも多々あります。神の天地創造説は、今なおすたれておりません。そして科学者である我々は、誰よりも謙虚に、注意深くあらねばなりません。早急に結論に飛びついてはならないのであります」
 しかしながら、こうした「謙虚で注意深い人々」の御説は、科学的な講義というよりも宗教的な説教のようなものにすぎず、問題を解決してはくれなかった。
 ついに、論争にケリをつけるため、科学調査団がおくりこまれることになった。
 調査団のメンバーは、早々悪魔を発見する幸運には恵まれなかったが、「謎の人物」について、いくつかの発見をした。(もっとも年配のメンバーは、人ではなく生物と表記するよう、強く主張した。)
 そして新聞は、調査団の報告を書きたてた。
『1 砂浜で我々は、細長い人間の足跡を発見した。足跡は、海からやってきて、海に去っていた。ただし、ボードで海岸までやってきた人は、そのような足跡を残すことができる。
 2 網は、水中の鋭い岩か、沈んでいる鉄片、沈没船によっても、鋭いカッターで切り取られたようになりえる。
 3 嵐で砂浜に乗り上げたイルカが、夜の間に爪で引っかいたような後を残して海に引きずり込まれた。この話については、どこかの心優しい漁師がイルカを海まで引きずっていったと考えられる。イルカは魚を海岸に追い込んで漁をすることが知られている。また一方、漁師はしばしば不幸なイルカを助けてやることが知られている。爪跡は、人の指でも作り出すことができる。それが爪跡に見えたのだ。
 4 小ヤギは、イタズラ者がボートで運び、船に乗せたと考えられる。』
 悪魔事件の真相を、科学者はいくつも簡単に見つけ出した。そしてこの事件の全てを、ただ一体の海の怪物が行うことは不可能であるという結論を導き出した。
 にもかかわらず、この説明は、すべての人々を納得させることはできなかった。それどころか、科学者の中にさえ、この説に懐疑的な者がいた。このしつこいイタズラ者が、どんなに抜け目なかったとしても、こんなにも長く誰にも見つからずにいられるわけがない、というわけだ。
 それに調査団の科学者たちが示した、イタズラ説の根拠は、事件が短期間に、いくつもの遠く離れた場所で起きていることを、明らかにしてしまった。『悪魔』は、信じられないほどの早さで泳ぐことができるか、あるいは複数いると考えることもできる、ということだ。すべての事件をイタズラだと言い切ることには無理があり、調査団の報告は人々をより怖がらせる結果に終わってしまった。

 ペドロ・ズリタは、船室を歩き回りながら、こうした今までに起きている不思議な事件を、片っ端から思い起こしていた。
 そのうち夜が明け、ついに薄紅色の光の筋が、船室に差し込んだ。
 ズリタはランプを消し、顔を洗い始めた。そして生ぬるい水を頭からかぶったときだ。甲板から、驚愕の叫びが聞こえてきた。彼はずぶぬれのまま、急いで階段を駆け上がった。
 帆船の手すりの上で、半裸の真珠採りたちが、手を振り回しながら、めちゃくちゃに叫んでいる。
 ズリタが見下ろすと、ボートがもやいをとかれ、夜の間に漂い出してしまっている。そよ風がボートを海に散らし、今は朝の浜風によって、ゆっくりと向きを変えつつあるところだ。しかもオールはボートから放り出されて、入り江のあちこちに浮かんでいる。
 ズリタは真珠採りたちに、ボートを集めろと命令した。
 しかし、誰も甲板から降りようとはしない。
 ズリタは命令を繰り返した。
 誰かが「あんたが海の悪魔んところへ、行きやがれ」と応えた。
 ズリタは腰の連発銃に手をかける。
 真珠採りたちは後退って、マストの周囲に集まった。彼らは敵意をむき出しにして、ズリタを睨んでいる。
 衝突は避けられないかと思われた。
 しかし、そのときバルタザールが前に出た。
「アウラカン族は、なにをも恐れはしない。サメも齧らぬこの老骨が、悪魔の息の根を止めてやる」
 そして彼は腕を上げると、海に飛び込んだ。そして、急いでもっとも近いボートまで泳ぎ始めた。
 真珠取りたちは、恐れながらも、みな並んでバルタザールを見守った。
 もう年で、足もうまく動かないにもかかわらず、すばらしい泳ぎっぷりだ。何度か水をかくと彼はボートに泳ぎ着き、近くのオールを拾って乗り込んだ。
「ロープがナイフで切られてるぞ! すごい切り口だ! まるでカミソリのようだ!」
 バルタザールの無事を見て、何人かの真珠採りが彼に続いて海に飛び込んだ。

次へ